メルマガから売上に繋げるには - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

本間 卓哉
企画マーケティング部 リーダー
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メルマガから売上に繋げるには

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
Webマーケティング
メールマガジン配信を発行しているが、今ひとつ売上につながらない・・・。

そんな声を聞くことがあります。

メールマガジンの発行の仕方によって反応は大きく変わってきます。

メルマガはリピーターを逃さないための効果的な手法ですので、
下記を参考にしてみてください。

メールマガジンのタイトルを工夫する


メールマガジンのタイトルから記事の内容を予測できることで、
開封率が高まります。タイトルにはインパクトを与える魅力的な
キーワードを含めましょう。

キーワード例:特典、激安、今だけ、送料無料、数量限定、期間限定

参考:メルマガを開封してもらえる件名とは?|メルマガの教科書
http://m-magazine.jp/writing/kenmei.html


定期的な配信曜日・配信日時を決める


顧客のライフスタイルに合わせてメールマガジンを配信することで、
スムーズに成約へ結びつけることが可能です。

□配信頻度例
週1回、毎週木曜日

毎週同じ時間帯にメールマガジンを配信することで、
ユーザーは安心してメールマガジンを受信することができます。
ニーズの高い時間帯に配信するように心がけましょう。

□時間帯例
会社員がターゲットの場合 → 毎週金曜日17:00ごろ ※帰宅時間を狙う
主婦がターゲットの場合 → 平日午前中 ※家事が一段落ついた時間帯を狙う

参考:メールマガジン登録日時に隠れた情報
https://www.pi-pe.co.jp/mailmagazine/data/RS0701A.html


読まれる配信内容について


メールマガジン内で、商品を宣伝することは重要ですが、
読者が飽きないよう楽しめるコラムなども盛り込むことで、
確実にアクセスアップへとつながります。

また、メール文頭の挨拶と編集後記は、運営者様の人柄に触れることのできる
項目として重要な役割を果たします。
暖かみのある文章を心がけたり、季節の話題を盛り込むことで
ユーザとの距離を縮めることができます。

その他、サイト運営のお悩みは、月額8,166円からのインターネットで
完結するWebコンサルティング「HP売上プラス ビジネスプラン」を
ぜひご活用下さい。