経済対策過去最大、日本も正念場です! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経済対策過去最大、日本も正念場です!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!
このところ、だいぶ暖かくなり、“春”を感じるには良い気候となってきました。

日経平均株価も、一時は9000円台を回復し、このまま夏に向かって上昇してほしいところですが、そう簡単にはいかないでしょうねぇ〜


さて、政府は、ついに追加経済対策を発表しました。

財政支出で15兆4000億円、事業規模では56兆8000億円という過去最大の内容となっています。

世界規模で、財政出動を行っている中、麻生さんもここで勝負に出る“決断”をしたようですね。

内容をみると評価できるものも数多くありますが、問題はその実効性です。

ただでさえ、世界的にも突出して「財政悪化」の日本にとって、この大規模な財政出動は、「大勝負」といえます。

景気回復の効果が表れなければ、税収は落ち込み、ついには財政の半分以上を国債発行で賄わなければならないという最悪の事態にもなりかねません。

今後、国会で議論されると思いますが、“無い袖”を大盤振る舞いする以上、その使い方は慎重に、そして有効に使ってもらいたいものです。

今年は、日本経済、そして日本の財政においても、正念場の年となってきました。


それにしても、FP的視点で見ると、「頭金なしでフラット35を利用可能」にするという対策ですが、ちょっと危険を感じます。

雇用や収入が不透明になっていく時代背景にあって、「借りれる」ことと、「返せる」ことは、きちんとわけて考えなければなりません。

安易な住宅ローンを組めば、“日本版サブプライムローン”にもなりかねません。


借りる人は、あくまで自分の人生設計を踏まえて、考えてほしいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム