「古美る(ふるびる)」板張りの外壁デザイン - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「古美る(ふるびる)」板張りの外壁デザイン

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空間の詩学
「古美る(ふるびる)」と言ったのは、関西の建築家、出江寛である。

この言葉、結構好きで使わせてもらっているが、

「古くなって、美しくなる」と言えば、やはり自然にある素材である。

現場報告をしていた「晴耕雨読の家」は、総て板張りの外装である。

それを浸透性の自然塗料を使って「ブルーグレー」に塗っている。

「ブルー」は紫外線を受けて、まず先に抜けてゆくだろう。

その頃には、板自体がグレーがかってくるはずだから、

地のグレーが抜けてゆく中でだんだん馴染んでくるはずである。

軒の出のあるところの外壁は、板を横張りにしているが、

軒の出のないところは、ウッドシングル葺きとして表情を変えている。

雨の当たる外壁と、そうでない外壁では色目が違って来るはずだから

その辺も予想して、あえて表情を変えている。

時間が経った時の家の姿を思い描きながらデザインを考えるようにしないとね?


ーーーーーーー
4月18日(土)の船橋建築塾は、見学会!
ーーーーーーー