楽しげな報告はさえぎってはいけない! - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

臼井 優樹
株式会社ユザック 専務取締役 サポート事業部門長
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

楽しげな報告はさえぎってはいけない!

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
魅力倍増のコミュニケーション術 相手に配慮する
こんにちは。パーソナルコーチの臼井優樹です。

 先日、息子がとてもうれしいことがあったらしく、原稿を書いている最
中に話しかけてきました。

子:「ねーねー。今日ね。すごいことがあったんだよ!あのねー・・」
私:「今、仕事しているからちょっと待っててくれない?」
子:「そっかぁ。しょうがないね。・・・」
私:「ごめんごめん。今聞かせてくれないかな?」
子:「いいよ。あのね!・・」

 私は、最初、油断していて息子の話を聞かないところでした。がっか
している息子の顔を見て、ハッ!として軌道修正したのでした。

 ビジネスの現場でもこの話と似たようなことがあったことを思い出し
たので、ご紹介します。

 隣の部署の担当者と、共同プロジェクトの件で打ち合わせをした際の
ことです。こちらから用件があってお時間をいただいたので、話を切り
出そうとした時、隣の部署の担当者は、とても楽しそうに話し出しまし
た。

 ちょっと急ぎの用件だったので、さえぎって話し出そうかとも思った
のですが、ここでさえぎると、きっと後の話にも気持ちの影響がありそ
うだと感じたので、最後まで聞くことにしました。

 別のプロジェクトがうまくいった話でしたが、その興奮したエネルギ
ーはすさまじく、どんな困難が目の前に立ちふさがっても、蹴散らす勢
いです。聞いているこちらも、つられて「やる気」になってきました。

 もし、相手が話したい気持ちを持っているのにもかかわらず、私たち
が「そんなことより私の話を聞いて・・」と言ったらどんな気持ちがす
るでしょうか。きっと、こちらの話も充分に聞いてくれることはないで
しょう。

 相手にとても良いことがあって、とても興奮している場合には、ほん
のひと時、話に耳を傾けてみませんか。

「どんなにいいことがあったのか」
「相手にとってどんな意味があるのか」
「いいことが起こったおかげでこれからどうなりそうなのか」
「これからどうしたいのか」

 など、こちらから積極的に質問の言葉をプレゼントするのもいいもの
です。相手はとても楽しく話してくれるでしょう。

 そして、聞き手である私たちは、相手のプラスのエネルギーを大量に
受け取ることができます。楽しく、わくわくしたプラスのエネルギーで
す。私たちまで元気に、やる気になることでしょう。

 まずは、相手の話を聞きましょう。「話したい!」と思っている相手
への配慮です。私たちが話したかったことは、その後でも充分です。


今日のポイント


「楽しげな報告は、自分の話を後回しにしても最後まで聞こう!」

 相手は私たちに聞いて欲しいのです。共感して欲しいのです。そんな
関係にあることへの感謝も感じながら最後まで話を聞きましょう。

 そして、相手がさらなる行動に移せるような言葉をプレゼントできた
ら最高です!

 みなさんは、相手の話をさえぎらずに聞いてあげていますか?