効果的な生徒募集キャンペーンとは - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

効果的な生徒募集キャンペーンとは

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
生徒募集法 生徒募集の宣伝媒体
今回は、生徒さんをたくさん集めるための「キャンペーン」について考えてみたいと思います。


まずキャンペーンとは?


開校したばかりの頃の生徒募集は、かなり大変ですよね。

「こんなに集まらないものなの!?」

と思ってしまうくらい、いわゆる「集客」は難しいものです。


そこで、いろいろな宣伝媒体を使って、自ピアノ教室の存在を広く知ってもらう
ことが大切になってくるわけですね。


ですが、多くの人にあなたの教室を知ってもらえても、そこから「お問い合わせ」や
「体験レッスン」といった、実際の「アクション」を起こしてもらえないと、
生徒増加にはつながりません。


そこで、教室を知ってもらった方に、具体的なアクションを起こしてもらうための
起爆剤として、キャンペーンが有効になります。



「無料体験レッスン」をキャンペーンにしてしまう


キャンペーンとして、もはや当たり前になりつつあるのが

「無料体験レッスン」

ですね。


以前のコラム「魅力的な体験レッスンの仕方」にも書きましたが、
現在の主流としては、有料よりも無料。

ですが、通年「無料」にしてしまうと、価値を感じてもらえなくなるので、
4月や秋募集の際だけ、期間を決めて「無料体験レッスン受付中」などど
するのも、ひとつのアイデアですね。


やはり人は「無料」という言葉に惹かれます。

「無料だったらやってみようかな」という気軽に行動に移せるオファーを提供することで、まずは教室に来ていただくことが大切です。



「入会金無料キャンペーン」として打ち出す


英会話学校や、スポーツジムなどでよく取り入れられている手法ですが、

「今ご入会の方は、入会金が無料」

という入会金無料キャンペーンを、ピアノ教室でも行うことはかなり有効です。


入会しようか迷っている方の思考としては、

「別に今しなくても、後で入会すれば良いか」

ということに尽きると思います。あるいは金銭的な問題から来るものかもしれません。


そういう方が持つ潜在的な心理のハードルを、越えさせてくれるのが「入会金無料キャンペーン」です。


今入会すれば、後で入会するよりもお得ですよ、と促してあげることですね。



「プレゼントキャンペーン」も有効


例えば「体験レッスン申込みの方に、かわいいピアノグッズをプレゼント」というキャンペーンも効果的です。この場合、費用対効果もあるので、あまり高価なものでない方が良いでしょう。

お子さんであれば、キャラクターグッズ、オリジナルの鉛筆やクリアーファイルなどでも良いでしょう。



キャンペーンでのポイント


生徒募集に効果的なキャンペーンですが、気をつけなければならないことがあります。それは、

「キャンペーンに期限をつける」

ということです。


「○日までに入室の方は入会金が無料になります!」
「キャンペーンは○日までですので、お早めにお申し込み下さい」


といったように、期限をつけることで、見込み生徒さんの行動を促すことができます。


これが、期限を設けずにいるとなかなか行動してくれません。


とにかく、思い立ったらすぐに行動してもらえるような魅力的、お得な感じを与えるような
キャンペーンを考え、提供することが大事ですね。

※生徒募集に関する詳しい情報は、私が執筆しているメールマガジン「成功するピアノ教室」に詳しく掲載しています。
どうぞご覧下さい。


また、コンサルティングの詳細はこちらからご覧下さい。