薬事法 Q&A 健康食品編「雑誌記事の取扱い」 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薬事法 Q&A 健康食品編「雑誌記事の取扱い」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現
雑誌記事で取上げらた内容を、広告として表現は可能かというと、問合せを多く受けます。実際のところ、雑誌記事の内容を広告内容にしようしてよいのでしょうか?

それぞれの記事内容を精査しないと正しい判断はできませんが、その内容が医薬品的表現が多少なりとも入っていれば、その内容を流用すれば、違法となります。

一般的に、雑誌記事は、商品と切り離して、成分単体などを取上げて、医薬品的表現の記事が多いため、そのまま流用すると違法になる記事が多いの事実です。

一方・・・
雑誌記事は、広告と一切関係なく記事として取り上げられているため、違法ではありません。広告表現と一切切り離して考えるべきです。(言論の自由)


メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム