ビジネス文章力をアップさせる(6) - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

野村佳代
出版/広告プロデュース〜企画・ライティングからデザイン・印刷まで 株式会社アスラン編集スタジオ 代表取締役
ライター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
山藤 惠三
山藤 惠三
(クリエイティブディレクター)
松本 美和子
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2017年09月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス文章力をアップさせる(6)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
中小企業の売上を上げるしくみ作り ビジネス文章力養成講座

文章の書き出しテクニック(2)





すべての文章に通用する「絶対にすごい書き出し」は存在しない



すばらしい文章の書き出しについて、よく例に取り上げられるのが、川端康成の『雪国』です。
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
という書き出しは、小説を読んでいない人でも聞いたことがあるほど、有名なフレーズになっています。

この書き出しのすばらしさについては、あえて述べません。私たちがマネをするにはあまりにも高度すぎますし、私たちが書くのはビジネスで用いる文章であって、小説ではないからです。

そもそも、文章の書き出しについては、「書く文章の種類」によって異なります。
たとえば、名文である「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」にしても、お客様に送るセールスレターで参考になる文章ではないはずです。

ビジネス文書を作成する場合は「結論から書くのが基本」とも言われます。
ビジネス文書の際には、小説のような導入部分も、またセールスレターのようなご挨拶も必要ないのです。もちろん、お礼状やご挨拶状にも必要ありません。

そのため、書き出しのポイントは「書く文章の種類」によって異なるわけです。
すべての文章に通用する「絶対にすごい書き出し」は存在しないと言えます。

次回は、「やってはいけない書き出し」について紹介します。