和製?のエコ機【ボーイング787型機】 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

伊藤 弘輝
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和製?のエコ機【ボーイング787型機】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
みちくさコラム DISCOVERY!
当初は2008年5月にANA(NH)が初号機を導入する予定であった

ボーイング787型機(ドリームライナー)は約2年遅れで

2010年3月には導入されるようである。

もちろん全日空が初号機を受け取る予定だが、機体の約7割を

外部発注しておりその中でも日本を代表する各社の貢献度は高い。

胴体前部は【川崎重工】、中央翼は【富士重工】、主翼は

【三菱重工】、ボディーは【東レ】の炭素繊維、トイレは

【ジャムコ】、タイヤは【ブリジストン】・・・・エンジンは

米GE(ジェネラルエレクトリック)製ではあるがCO2、20%削減

NOx(窒素酸化物)、15%削減に成功している。

また座席数は230-296席、貨物積載量は16トンと、B767を上回る

輸送力がありながら最大離陸重量(MTOW)は163〜245トン

(シリーズによる)に押さえられている。

今から1年後、難産の【和製?エコ機=ドリームライナー】に

期待しましょう!


航空業界エキスパート 伊藤 弘輝 http://www.itohiroki.com