第3回 アクセス解析を役立てる方法 続編 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第3回 アクセス解析を役立てる方法 続編

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法
アクセス解析を効果的に使用する方法、2つ目は、サイトを効率よく改善するための手順をきちんと考えることである。
アクセス解析から取得できるデータは多種多様で、導入したばかりのサイト運営者にとって、どのデータを重視すればいいのか、何をすればいいのかわからないという悩みが多い。そこで、まずは簡単に問題点が分かる指標に絞り、チェックすることである。
例えば、離脱率の高いページを確認し、そこを改善することから始めると、効率的に改善できる場合が多い。
ただし、離脱率が通常から高いトップページについては、別途検討をしたほうがいいだろう。

具体的には、
(1)ユーザーが最初にアクセスしたページ(入口ページ)のアクセス数を見る。
(2)ユーザーが最後にアクセスしたページ(出口ページ)のアクセス数を見る。
(3)入口ページと出口ページのアクセス数を比べる。

中には、あまりユーザーが流入していなかったり、入口ページとして機能していないページにもかかわらず、多くのユーザーを逃がしていたり、出口ページとして働いてしまっているページもあるだろう。もし、そのぺージが店主の日記など、売上に直結しないコンテンツなら削除も含め、見直しが必要だ。
商品ページなど、売上に直結するコンテンツの場合は、そのページのユーザービリティを改善することをまず考えたい。
例えば、文字の大きさは見づらくないか、ナビゲーションに問題がないか確認する。
特に問題がなければ、その商品に関係する他の商品やコンテンツへの誘導を考え、プレゼントページや商品購入への誘導を強化して、離脱数を減らすよう努力すべきだろう。

このように問題となるページを改善することで、サイト全体のユーザーを保持する力をまず上げる。上記をおこなったあと、目的ページ(コンバージョンページ)への誘導方法を考えると、比較的スムーズに改善がおこなえるだろう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

解析やってる?(2007/05/23 00:05)