第2回 アクセス解析を役立てる方法 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第2回 アクセス解析を役立てる方法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法
果たしてアクセス解析は役に立つのか?こんな質問をよく耳にする。
確かにアクセス解析を有効に活かせていない人は多い。
しかし、一部のサイト運営者はアクセス解析を用い、少ない労力で「効果」を生み出していると聞いたら、どうだろう。

解析データを見ている頻度は関係ない。毎日熱心に見ていても儲けられないサイト運営者もいれば、週に1回しか見なくとも、きちんと儲けている運営者がいるのも事実。

では、どうしたらアクセス解析がサイト運営者にとって「効果」を生み出すツールになり得るのか。
簡単にできる効果的な方法を2回に分け紹介していく。

まずは一つ。ユーザーが自社のサイトに何を期待しているか、定量的なデータで知り、サイトの改善に活かすことである。
例えば、ユーザーがどういった検索ワードでサイトにやってきたのか知るだけでも、いろいろな改善ができる。
例えば弊社のアクセス解析サービス sibulla.com のサイトでは「シビラ」
「アクセス解析」というワードで検索してくるユーザーが圧倒的に多い。

「シビラ」というワードで検索しサイトにくるユーザーは、「シビラ」がアクセス解析ツールと知っていて検索してくるユーザーが多いと推測できる。
一方、「アクセス解析」というワードで検索してくるユーザーは、アクセス解析に興味があり、サイトにやってくるユーザーが多いと推測できる。
この場合、ユーザーのタイプは大きく2つに分かれる。
それぞれのユーザーによって、最初に見せるページのコンテンツやその後の導線も変えていく必要がある。

「アクセス解析」で検索したユーザーには、アクセス解析に関する説明から、「シビラ」の特徴へ誘導する。「シビラ」で検索したユーザーには、「シビラ」の説明から商品申込みページへ誘導する。
基本は、ユーザーが検索したときの状況を考えて、導線を組み立てたコンテンツ作りを意識することである。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

解析やってる?(2007/05/23 00:05)