明日の包装文化を創る;暮らしの中の【オレフィン】 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
YouTube専門コンサルタント
050-3681-1949
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

明日の包装文化を創る;暮らしの中の【オレフィン】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
【月曜朝8:00はたのしくお勉強】;プラスチックの基礎
アイオノマー樹脂のほとんどはラミネートフィルの内層や共押出の接着層として用いられているため
普段はあまり聞きなれない(ニッチな)名称となっています。
弊社ではかなり以前*1より、この樹脂の特性をシュリンク包装に生かせないか?
と研究をしてきました。

その結果、昨年の包装展*2では
三井・デュポン・ポリケミカル様のブースにて
その試作品としてポリオレフィン系シュリンクフィルム(チューブ)を共同出展させていただきました。

同社の「ハイミラン原料」*3の特徴は・・・



加熱溶着時にはイオン解離して未架橋の状態になり、常温では架橋により加硫ゴムに似た弾性と強靭性がある


その特徴をポリエチレンと比較してみると・・・



低温シール性やホットタック性が非常に良い
耐油性、耐薬品性にも優れ、ピンホールが発生しにい
耐寒性に富む理想的なフィルムです


しかし、コストが高いのが難点です。
したがって、付加価値の高い機能性のある分野に適しているということで・・・
シュリンク包装には打ってつけではないか(?)と弊社では予ねてから考え
研究開発をしてきた努力が、今。芽生えつつあります。
*1今から20年前の平成元年頃*2''TOKYO PACK2008''*3エチレンとメタクリル酸の共重合体を金属イオン(ナトリウム、亜鉛)の架橋

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / YouTube専門コンサルタント)

【幸福力の方程式】=「YouTube」×コミュニケーション力

YouTube動画を使って、組織内のコミュニケーションの向上を目指します。【陽転思考】によって、コミュニケーション力に内面的磨きがかかります。またピュア・ティストな人づきあいが増す、”かたり場”レッスン『人に好かれる話し方』を開催しています。

050-3681-1949
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「【月曜朝8:00はたのしくお勉強】;プラスチックの基礎」のコラム