土地売買の節税に関する税制改正 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地売買の節税に関する税制改正

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
法人税
土地売買の節税に関する税制改正【法人税 節税対策】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

平成21年1月1日から22年12月31日までに土地を取得した場合にのみ
適用される、土地売買の節税に関する新しい税制があります。

まず、適用されるのは法人(但し不動産販売業は除く)及び
個人事業者です。

では、簡単な事例でその税制の内容を解説させていただきます。
株式会社Xが、平成21年に2億円で土地甲を取得したとします。

で、このX社が上記土地甲取得から10年以内に以前から所有していた
土地乙を売却した場合、このときの売却益についてその一定割合が
減額されるという内容です。

その減額割合は、土地甲の取得価格2億円の8割つまり1億6000万円が
上限となります。

例えば、土地乙の取得価格が1000万円で売却価格が4億円となり
売却益が3億9000万円発生した場合に、上記で計算した1億6000万円
の売却益が圧縮されて、2億3000万円が税金の課税対象となります。

一般的な法人の場合、上記の事例では6400万円程度は節税できると
考えられます。

ただし、条件として土地甲を取得した事業年度の決算の際に
この新しい税制の適用を将来受ける旨の届出をしていなければ
なりません。

また、上記土地甲を売却する際には2億円−1億6000万円=4000万円
が取得費になるので、土地甲に対する売却益課税が多額になる
リスクがあります。

以上より、この税制はかなり長期にわたって不動産売買の
スケジュールを事前に計画しておかなければ使えない税制です。

適用に当たっては、事前に専門家との綿密な相談をしてください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/

 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi

神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/

 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム