設計の契約 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

設計の契約

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家族
契約は、いつも気持ちがピリッと引き締まるものです。
これから始まる名古屋の住宅。
最初に会ったのは3年前だったか、ここ数ヶ月も待っててもらったりしたこともあって、
いよいよ本当にスタートだと思うと、
はじまるってのは、もう、それだけでスバラシイ感じがするじゃないか。
これからしばらくは月イチくらいで会い、インタビューをしながら色々方向性を模索し、
夏頃から基本設計に取りかかり、完成して入居できるのは丸2年後という予定。
契約の内容を解説しながら読み上げて、質問に答えていくと、
それだけで2時間くらい喋りっぱなし。声も枯れる。息継ぎも忘れる。
緊張も、たまにするのは気持ちがよい。
と同時に、現在進行中の物件の建主さんの顔も思い浮かんで、
スタートを切った頃の気持ちがよみがえり、そちらもまたピリッと引き締まる。
杉シェルターhttp://www.sunaga.org/works/sugishelter.htm
に続く軸組木版造の2作目も鋭意進行中。
けっして安くない設計料。それを納得して「あなたにお願いします」と言ってもらえるのは、本当にありがたい。
「高い設計料だったけど、でも高くなかったね」と、40年後くらいに言ってもらえる仕事をしよう。
セーブしたり、予定立てたり、条件スリ合わせたりせず、
始まったことは、もう「ありったけ」をやるだけだ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。