コンクリート・マジック! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンクリート・マジック!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空間の詩学
先週に引き続き、香川県で建設中の小さな資料館である。

先週はコンクリートの壁に鋭角な角度で孔を空ける方法についてだったが、

今日はどうやって片持ちのスラブを保たせるか、という話し。

写真の様に、逆L型をしたコンクリートの壁が前後で折り重なっている。

前面の片持ちの屋根スラブは、通常なら片持ちが大きすぎて構造的には保たない。

では、どうして保たせているのか?

答えは、上の屋根スラブからハイサイドライトの枠となるフラットバーで吊っているのである。

普通の人には何も感じないだろうけど、プロが見たら、きっと不思議がるだろう!