SEOのKPI - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SEOのKPI



環の小坂です。
SEOの意味を考えると次に考えないといけないのがKPIです。
つまりどの数字を効果の指標として測定するかということです。

基本的なところは「順位の変動」「アクセス数の変動」「コンバージョン数の変動」の3つです。
これらをモニタリングし、どのキーワードにSEO対策をかけるべきか、
それに必要な費用は適切かを判断します。

ここで重要なのは「SEO費用の高いキーワード=効果の高いキーワード」ではないことです。
「SEO費用の高いキーワード=順位をあげるのが難しい(「サイト運営者にとって」人気のある)キーワード」
であるということです。

頭のいい人ならおわかりだと思いますが、何事も仕事は「簡単に」やることが基本です。
何も難関にぶつかっていく必要はありません。

野球に例えると、相手がいい打者で次がそうでない場合、
そのいい打者にいい投手をぶつけて勝負するという作戦もありますが、
いい投手を温存し、その打者も敬遠し、次の打者で勝負するという選択肢があります。

それと同じで、「順位をあげるのは容易で、効果もあげやすいキーワード・フレーズ」
を探してそこにコストをかけるのが
「コストも下げて、効果も増やす」方法です。

それを把握するためにKPIとして前述した3点をきちんとモニターすることをお勧めします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「SEO・SEM」のコラム

未来のSEO(2015/08/21 22:08)