小冊子の作り方6 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小冊子の作り方6

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
小冊子 小冊子の作り方

小冊子の作り方6



「小冊子の作り方」で重要なこと。

それは、ずばりタイトルです。

私は前回、このコラムを「小冊子の作り方」という名称にしたのは、「小冊子」関係のキーワーズの連語で、頻繁に検索されているからだとお伝えしました。

ヤフーやグーグルで「小冊子の作り方」を知りたい人が多い。

だから、私は「小冊子の作り方」という名称でコラムを書けば、検索している人は、私のコラムを見つけることができれば、読んでみたいと思うだろう。

そう考えて、「小冊子の作り方」という名称にしたのです。

すでに、読みたいと思っている人がいて、その人がどんな気持ちで、どんな悩みから、どんな興味から、「小冊子の作り方」というキーワードで検索しているのだろうか?

そしてその人たちは、どんな情報を探しているのだろうか?

それを考えながら、今、こうして「小冊子の作り方」というコラムを書いているのです。

私のコラムは、インターネットで検索してアクセスする人が大半なので、その人たちに必要な内容のコラムを書く際、頻繁に検索されているキーワーズの連語をコラムのタイトルにしました。

このコラムのタイトルを例えば、「小冊子の作成」としたら、多分、ちょっとだけアクセス数は減ります。

きっと検索している人はいるでしょうが、タイトルを「小冊子の書き方」とか「小冊子の制作」にしたら、かなりアクセスは減ります。

私が「小冊子の作り方」というコラムを「小冊子の書き方」や「小冊子の制作」、「小冊子の作成」という名称で書いても、大した違いはないかもしれません。

でもタイトル1つでアクセス数は変わるのです。

小冊子も同様です。

中身は一緒でも、タイトルが違えば、その無料小冊子プレゼントに応募してくる人の数は増えたり、減ったりするのです。



小冊子の作り方
このコラムに関係したページを作りました。



マーケティング・コンサルタント 水内終一也
 「ことば」の力が売上を上げる! 想像力喚起と感情訴求が重要!

■その他、関連ページ
小冊子の書き方小冊子の作成小冊子の制作
名簿のクリーニング」電話番号クリーニング
ダイレクトメールの未着ダイレクトメールの不着ダイレクトメール代行
Faxの書き方FaxDM代行Fax一斉送信代行