小冊子 作り方1 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小冊子 作り方1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
小冊子 小冊子の作り方

小冊子 作り方1



「小冊子の作り方」の一般的なイメージは?

私にとっては小冊子は集客の必須アイテムだという認識なのですが、あなたはどう思います?

「小冊子の作り方」というコラムを読んでいるのですから、きっと、何かしら小冊子のイメージを持っていて、小冊子を作りたいなぁと思っていらっしゃるのではないでしょうか?

小冊子というと、四六版やB5版、A5版サイズの24〜50ページくらいの読み物のようなものを想像しているのかもしれませんね。

こういう冊子ものを作る場合の「小冊子の作り方」は、けっこう面倒です。

まず、文章を書かないといけない。

そこそこ、写真や挿絵も用意しないといけない。

そうしたコンテンツを用意して、デザイナーや印刷会社に、文章の校正、校閲やレイアウトしてもらって、印刷。

その印刷も数十という単位では難しくで、大抵100冊単位。

そして、そうした小冊子は、大抵、チラシや宣伝、FaxDM等の客引きに使うから、ダイレクトメールと一緒か、ダイレクトメールの代わりに送付する。

こんかな感じの一連の作業が、冊子モノの「小冊子の作り方」のイメージでしょうか?

こうした無料小冊子を使った見込顧客獲得は、ダイレクト・マーケティングの基本といえるでしょう。

工務店の方やリフォームの方で、ダイレクト・マーケティングを実践されるときに使うようですね。

まぁ、その他の業種でも実践されている方はいらっしゃいますが。

主に、紙媒体を使った宣伝広告の見込顧客に使われているという印象をもっている方が多いかもしれませんが、インターネット・ビジネスでも盛んに使われています。




小冊子の作り方
このコラムに関係したページを作りました。



マーケティング・コンサルタント 水内終一也
 「ことば」の力が売上を上げる! 想像力喚起と感情訴求が重要!

■その他、関連ページ
小冊子の書き方小冊子の作成小冊子の制作
名簿のクリーニング」電話番号クリーニング
ダイレクトメールの未着ダイレクトメールの不着ダイレクトメール代行
Faxの書き方FaxDM代行Fax一斉送信代行