ケース(3)内定が複数出たのですが・・・。 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ケース(3)内定が複数出たのですが・・・。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
キャリアカウンセリング ケーススタディー
うれしい悲鳴のように聞こえますが
意外と多いのが、複数内定が出た場合に
決めきれない・・・。というご相談。

意思決定の理論家でジェラットという方の理論で
「積極的不確実性」というものがあります。

この理論は、「意思決定は合理的に行うのではなく、
直観や非合理的な側面(心の声)も重視して行うべきである」
と述べています。

現代は変化が多い時代であり、未来が予測不可能なので、
不確実性を積極的に捉えて柔軟になるべきというのが
基本的な理論です。

意思決定は「情報」「調整・再調整のプロセス」
「行動選択」の3要素から成り立ちます。

情報を使って考える、
何をもって決定・ゴールとするのかを明確にしてから、
全脳的アプローチ、すなわち、左脳と右脳を使って
決めることが大事だといっています。

企業を選ぶ際も「自分らしい」意思決定の要素を
ロジックだけでなく直観も含めて決めることを
お勧めします。
結局は自分で選ばなければならないので、
人から「こういうロジックで決めなさい」といわれても
納得できないですよね。

自分らしい意思決定を心がけてくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

カテゴリ 「キャリアカウンセリング」のコラム