奄美黒糖焼酎、地域ブランドに登録 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

奄美黒糖焼酎、地域ブランドに登録

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
雑感
黒糖焼酎は、私の両親の故郷である奄美大島でしか作られていないのですが、
ようやくブランドとして商標登録できるようになったようです。

ちょっと古い記事ですが、2月28日18時毎日jp記事はこう報じている。

奄美群島で製造される黒糖焼酎が「奄美黒糖焼酎」として、特許庁の
「地域ブランド」(地域団体商標)に登録された。
県内では10件目、奄美でも3件目の登録で、出願した奄美大島酒造協同組合
(川崎洋三理事長)は「登録で産地を証明することができ消費者に
安心感を持ってもらえる」と話している。

同組合によると、「黒糖酒という類似品が出てきたので、黒糖焼酎を守るため」、
07年10月に出願。
今年2月に登録された。
川崎理事長は、商標登録を機に、「ロゴマークを募集し、PR活動に
力を入れる」と話し、組合員28社の製品のラベルや出荷用のダンボールなどに
商標を入れ、周知を図るという。

原料に黒糖を使う黒糖焼酎は、1953年の奄美群島日本復帰直後に、
酒造法の基本通達で奄美群島だけで製造が認められた。
05年前後の焼酎ブームで、「全国区」になり、売り上げも05年に
約110億円と、これまでの3倍以上に。
その後、落ち着き、08年は、90億円前後の売り上げとなる見込みという。

地域団体商標は、全国的な知名度がある場合に、地域名と商品名を
組み合わせた商標登録ができる制度。
地域ブランドの確立、地域産業振興を目指し06年4月、導入された。




愛する奄美のブランドが保護されることは、産業の少ない奄美にとって
朗報と言うべきでしょう。

ブランドのもつ価値に便乗するフリーライダーは、えてして粗悪品であるため、
結果としてブランド価値を傷つけてしまうことも多い。

焼酎ブームで品薄気味になってしまった銘柄もありますが、
東京でも気軽に島の焼酎を飲めるようになったことに感謝しつつ、
今日も焼酎で乾杯したいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「雑感」のコラム

追悼、手塚太郎君(2012/04/05 10:04)