一日でも遅く、退職日を設定した方がいい? - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

一日でも遅く、退職日を設定した方がいい?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
労働トリビア
【 退職日に関するご相談 】

毎回勉強させていただき、ありがとうございます。
退職日についてお尋ね致します。

長年勤めた今の職場を退職し、
3月4日から転職先での勤務が決まりました。

その際、2月末日付けで退職するのと
3月3日付けで退職するのでは、
何か変わりはありますか?

有給消化の問題もありますので、
一日でも遅く退職日を設定した方がいいのか・・・
と思えたりしています。

事務処理的な問題での決まりというのもあるのでしょうか?
単純な質問ですみませんが宜しくお願いします。


【 CFP伊藤からのコメント 】

 この場合は特に差はありません。理由は退職から転職までの間がほとんどないからです。
そうではない場合、退職日の設定には以外な損得があります。

 たとえば、退職金の税金を計算する場合、1年単位ですが1年と1日でも働けば、2年とカウントされ有利になります。

 また、健康保険も月末と月初では支払う額が1ヶ月異なったと記憶しています。とくに、定年退職の時はいろいろな損得がからみますので、ご自分で判断しないほうがよいことがたくさんあります。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!