ダイレクトメールの作り方14 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

水内 終一也
合資会社アクタリスト 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイレクトメールの作り方14

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
ダイレクトメール ダイレクトメールの作り方

ダイレクトメールの作り方14 開封率を向上させる工夫6



開封率を向上させる工夫が必要な理由をお伝えするのが、今回のコラムのテーマです。



ダイレクトメールはFaxDMと違って、コストがかかります。


それにも関わらず、FaxDMと同じか、ちょっとマシな反応率しかありません。



しかしFaxDMは大抵、A4一枚という限られた紙面での勝負になるのに対して、ダイレクトメールは、反応率を上げる工夫をこらす部分がたくさんあるのです。



FaxDMは白黒の世界ですが、ダイレクトメールはチラシやカタログというカラーの印刷物も送ることができます。

そうしたダイレクトメールの優位性を十分に引き出して、望んだ反応率を得るためには、マーケティング的な視点からの工夫が必要なのです。



ダイレクトメールを送ると相手は開封して、読んでくれる。

そしてウチの商品・サービスに興味を持ってくれて問合せや購入をしてくれるという幻想を抱いてダイレクトメールを送ると、まず間違いなく、失敗します。


冒頭でもお伝えした、「開封率を向上させる工夫が必要」な理由は、「見込顧客はあなたが望んだとおりの行動はしない」からです。


大切なことなので、もう一度書きます。



「見込顧客はあなたが望んだとおりの行動はしない」



だから、思うような反応率が上らずに、このコラムを読んでいるのではないでしょうか?



反応率が高いダイレクトメールを作ることができているとしたら、このコラムは読んではいらっしゃらないでしょう。



ダイレクトメールは、開封され、読んでもらい、反応してもらうために送っているはずです。

ですから、「開封されるためにはどうしたらいいか?」、「読んでもらうためにはどうしたらいいか?」、「反応してもらうにはどうしたらいいか?」 そのことを考えて作る必要があるのです。



「見込顧客はあなたが望んだとおりの行動する!」と信じるのは自由ですが、「行動してくれない」と考えて、できる限りの工夫をするのと、「行動してくれる」という幻想を抱いて、何の工夫もないダイレクトメールを作るのでは、どちらの反応率が高いでしょうか?



答えは明らかだと思います。



「見込顧客はあなたが望んだとおりの行動はしない」

だから、開封率を向上させる工夫が必要なのです。

そして次回のコラムでは、「ダイレクトメールの書き方」という新しいカテゴリーで、「見込顧客はあなたが望んだとおりの行動はしない」から、文章にどんな工夫をしなければならないかをお伝えしていきます。


■マーケティング・コンサルタント 水内終一也
 「ことば」の力が売上を上げる! 想像力喚起と感情訴求が重要!

■「名簿のクリーニング」
 ダイレクトメールの未着を送付前に電話番号から調査して判明させます!

■ダイレクトメール代行
 代行ご依頼の場合は、上記「名簿のクリーニング」が無料になります!




小冊子 作り方 | 小冊子 書き方
小冊子 作成 | 小冊子 制作
電話番号クリーニング | Faxの書き方 | FaxDM代行
ダイレクトメールの未着 | ダイレクトメールの不着
名簿のクリーニング | ダイレクトメール代行
Fax一斉送信代行 | Actalyst
「FaxDMの書き方」ブログ