軸 - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

川野 なおこ
株式会社犬のがっこうエコール 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

- good

私がアメリカの訓練所に居た時の
トレーナー仲間で、ガンドッグ専門のトレーニングをしている友人が居る。

その友人の家へ遊びに行った時、
ガンドッグのトレーニングを見学させてもらった。

「やってみるか?」と言われ、
見ていると簡単(笑)そうに見えたので、
トライしてみた。

犬に取ってきてほしい対象物がある方向に、
彼がやっていたように、手で方向を示し指示を出す。

しかし、、犬は全く違う方向へ行ってしまった。

何故??
何が違うの??何度やってもダメ。

私の横で、彼は嬉しそうに爆笑している。。
「ナオコ、自分の足元を見てみろ」と言われた。

犬が走った方向は、私の足先が向いている方向だった。
足先と手がバラバラの方向を向いて、
私の体の中心も歪んでいた。

その時友人が私に言ったのは、
「君が軸になれ、軸がぶれたり、歪んだり、筋が通っていないと、犬は迷う。犬もぶれる。真っ直ぐ立つんだ」

彼のこの言葉は、技術的な事を私に説明しての言葉だったのだけど、

私には、飼い主のあるべき姿に思えた。

軸である飼い主(私)がぶれたり、迷ってはいけない、
そうすると、動物達も一緒に迷ってしまう。