キャリアカウンセラーという仕事(3) - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャリアカウンセラーという仕事(3)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
キャリアカウンセリング キャリアカウンセラーという仕事
キャリアカウンセラーに求められるコンピテンシーについて
下記の(1)に書きました。
もう少し細かく見ていきたいと思います。

○キャリア・ディベロプメント理論・モデル

上記については、GCDFの授業の中で多数の
キャリア理論について概要だけ学びました。

自分に合った理論を使ってヘルピング(カウンセリング)を行うのですが、
私自身は、クランボルツ博士の「計画された偶発性理論」や、
シュロスバーグの「4Sモデル」などを自分のカウンセリングに
活かしています。

※クランボルツ博士の理論
http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/career07/career01.html

※シュロスバーグの理論
http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/career04/career01.html

もちろん、講座の中だけでは学びきれないため、
書籍やキャリアの先生方の講演会などに参加し、
より知識を深める努力をしなければなりません。

その他にも沢山の理論家の勉強をしますので、
それぞれが自分自身の理論に合った方法でカウンセリングに
活かしていくとよいと思います。

○ヘルピング(カウンセリング)

これはヘルピングのプロセスなどを講義で学ぶ他、
GCDFでは、実技を丸4日間かけて行います。
自分自身のヘルピングの様子を録音し、逐語録を作るなど、
かなりじっくり学びます。
それでもやはり実際の現場で行うにはトレーニングが足りません。

私自身は先日も書きましたように、継続学習のひとつとして、
C+F研究所のカウンセリング講座に半年間通いました。

※C+F研究所のカウンセリング講座
http://www.transpersonal.co.jp/work/counseling.html

こちらで学んだことは、本当にカウンセリングマインドの
基本であり、本質だったと感じています。
明らかに受講後は、クライアントさんの反応が変わってきたので、
私自身も少しはスキルUPできたかなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように一つひとつの求められるコンピテンシーを
深め、トレーニングしていくことも、とても大切な役割です。

キャリアカウンセラーの仕事の奥深さについて、
今後も、発信していきます。

次回は、キャリアアセスメントと、法律とGCDFとしての倫理について
お伝えできればと思います。


※キャリアカウンセラーという仕事(2)
http://profile.ne.jp/pf/mih-career/column/detail/47685

※キャリアカウンセラーという仕事(1)
http://profile.ne.jp/pf/mih-career/column/detail/47585

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

カテゴリ 「キャリアカウンセリング」のコラム