社長には向いていない・・・ - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長には向いていない・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験
 もう数年前の話になりますが、私の先輩が会社を起こそうと考えて、その当時いろいろな方々にアドバイスを求めて相談していた時、ある方から「お前は社長に向いてないからな」と言われたと、少々気にしていたことがありました。

 これから船出しようという人にそんなことを言うのもどうかとは思いましたが、そもそも社長に向いているというのはどういうことなのでしょうか。「決断力がある」、「リーダーシップがある」、「コミュニケーション能力が高い」、「人望がある」、「人脈が広い」、「数字に強い」、その他諸々あると思いますが、世の中の社長がみんなそうなのかというとそれは違います。

 私は先輩に、「社長に向いている人がやっている会社の方が少ないし、向いているから成功するとも限らないし、そもそも何を持って向いているといえるかわからない」などと言ったのですが、物事に対する向き不向きというのは、誰にとっても永遠のテーマですし、判断するのは本当に難しいことだと思います。皆さんも、今の仕事が自分に向いているか考えたことは、一度や二度は必ずあると思いますし、私自身も、今自分がやっていることに本当に適性があるのか、時々考えます。

 人の適性についての考え方は、次回も少し続けたいと思いますが、私が確実にいえると思っているのは「向いているかどうか、最後に決めるのは自分」だということです。特に経営者のように、総合力が問われるような場合は、主観による部分が実は多いのではないかと思っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム