断熱材の種類 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

阪本 貴洋
有限会社NOW 代表取締役
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

断熱材の種類

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
リフォーム1・2・3! リフォームをする前に
最近の家は、
高気密・高断熱である。

つまり、
冬暖かく、夏涼しい・・・

皆さんもうご存じかもしれませんが、
今回は、断熱材の種類と特徴を少々・・・

無機質系



グラスウール:


ガラス原料を高温処理した繊維状の不燃材認定商品。
住宅にもっとも多く使用されている。

ロックウール:


耐熱性の高い鉱物を高温処理した繊維状の不燃材認定商品。
グラスウールより厚みを薄くできるが若干費用が高い。

発泡プラスチック系



硬質ウレタンフォーム:


微細な独立気泡で形成され、
気泡には熱伝導率が極めて低いガスを含んだ断熱材。
大きな火で燃える事と紫外線で劣化するのが弱点。

ポリエチレンフォーム:


細かな独立気泡で発砲された耐吸湿・耐吸水性の高い断熱材。
火気と紫外線に注意。

ポリスチレンフォーム:


1つ1つの粒の中に独立した気泡構造を持つ、
軽量・緩衝特性・断熱性・耐久性に優れた断熱材。
火気と紫外線に注意。

木質系繊維



セルロースファイバー:


天然パルプに加え古新聞紙などリサイクル素材という
天然木質繊維が主原料の断熱材。
断熱性・防音性に優れ、素材そのものに吸湿性・調湿性がある。

インシュレーションボード:


木材から取り出した繊維質をボード状に成型加工した
エコマーク認定の断熱材で軟質繊維板とも呼ばれる。
断熱性・吸放湿性を備え、内部結露を防ぐ。