時間はながれない。つみかさなる。【更新】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時間はながれない。つみかさなる。【更新】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ものづくりの現場から
今週、私には おおきなシゴト が ふたつありました。
義務化された建築士定期講習の受講 と 専攻建築士の更新申請。

この専攻建築士 とは 建築士法第22条にある
「建築士は必要な知識と技能の維持向上に努めなければならない」
という条項に基づくものだそうで、CPD(継続的能力)制度による
取得単位によって 5年間ごとに更新されるもの。

詳細は建築士会連合会の site にゆずりますが、簡単にいいますに、
つね日頃から研鑽をかさねる建築士や、各々の建築士の得意分野を
つまびらかにしていこう、という制度である と認識しております。

ただ この制度。
アネハ・耐震偽装事件からの一連のながれ、つまり一昨年の基準法、
そして昨年の建築士法改正から義務化された建築士の定期講習受講、
管理建築士講習といた、いはば我々にとっての “必須科目” とは
おもむきが ちがいます。
すくなくとも
日々業務におわれる 今の私には “必須科目” で頭がいっぱい。
この専攻建築士更新には、正直 気持ちがはいってませんでした。

私が専攻建築士登録したのは この制度出来て間もない 2003年
今回が 5年目で はじめての更新。
更新に必要単位は この間の250単位(この初回は200単位と。)

では さて この5年間
私はどんなことを‥と、手帳と資料をひっくりがえしてみますに‥
 実務的には、(おかげさまで)設計や監理業務のない月はなし。
 コンペも、結果は残念でも数件応募。
 建築雑誌だけでなく、新聞の掲載記事もあり、展示会出展も数回。
 研修会、講習会、主催のオープンハウスだけでなく、恩師・友人
 の作品内覧会にも、幾度か‥
(ここåll about ガイドの 川畑さんのおかげもありますが。)

単位、余裕でクリアしているではないか‥。更新申請提出可能!

必要単位を意識せずとも、日々精進が大事ということでしょうか。
制度にふりまわされず ひとまず自然体で またがんばりましょ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ものづくりの現場から」のコラム