成年後見の現場から 突然の入院 - 家事事件 - 専門家プロファイル

加藤 俊夫
司法書士法人リーガルパートナー 
司法書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2017年02月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成年後見の現場から 突然の入院

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
相続・遺言・成年後見 成年後見
少し前のことです。
介護老人ホームから電話がありました。
このホームには、私が後見をしている方が入居しています。
電話の内容は、本人の体調が悪い。どうも胃潰瘍らしい。
検査入院の必要があります。ついては入院に同意して欲しいというものでした。
私は必要な入院については当然同意しますと答えました。
そして昨日朝、今から救急車で病院に搬送するという連絡がありました。

実は後見をしていて一番困るのが医師から医療行為の同意を求められた時です。
まれにある手術や予防接種などについてです。
このような場合、医療について素人である後見人としてはその結果について責任を負うことができません。
常識的な判断ができる場合はよいのですが、そうでなければ親族に判断を委ねるしかありません。

でも親族もいない場合には...
やはり緊急避難的に行うことになるのでしょうか。