R-HOUSE竣工 2Fリビングの作り方 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
東京都
建築家
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

R-HOUSE竣工 2Fリビングの作り方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
女性建築家 現場の風景 R/HOUSE
R-HOUSEの徹底分析をしています。

リビングは家の中心ですから
お料理でいうとメインディッシュですね。

R-HOUSEでは60cmあがった廊下の横にバルコニーがあります。
廊下の上は吹き抜けで空間から光が入ります。
手すり代わりのガラスブロックから人の気配が伝わり、
子供がバルコニーで遊んでいても安心ですね。

それと3畳ほどの畳スペース。
ごろっとお昼寝や、
赤ちゃんのオムツ換えにも便利です。
それと子供の遊びスペースにもよいです。
ロールカーテンを付けれるようにしました。

noanoa
yasuko ohtsuka
http://www.noanoa.cc
http://noanoacc.exblog.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「女性建築家 現場の風景」のコラム

R-HOUSE竣工 2Fキッチンから(2009/02/20 16:02)

R-HOUSE竣工 2Fリビングから(2009/02/10 17:02)