住宅ローンのABC (その6:頭金はどれくらい?) - 保険選び - 専門家プロファイル

株式会社清水保険資産設計 代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンのABC (その6:頭金はどれくらい?)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
くらしの経済 住宅資金
住宅を購入する際に、自己資金(頭金)がどれくらいあって、住宅ローンでどれくらい借りられるのか?というのは基本的なギモンです。

マンションを検討していると、どうしても金額の高い物件の方がずっとよく思えてしまいます。

住宅購入の自己資金は、物件価格の20%程度+諸費用8〜10%程度、合計30%程度はほしいものです。

さらに、購入直後もいろいろとお金はかかりますし、貯蓄がゼロになっても困りますので、プラス100〜200万円は用意しておくべきでしょう。

世の中には、自己資金ゼロでマンションを買ったという人もいます。現実には自己資金ゼロでもムリをすれば購入は可能ですが、大切なことは「買えるかどうか」ではなく、「返せるかどうか」です。

住宅ローンを返せなくなったら「売ってしまえばいい」と安易に考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、少ない自己資金で購入した場合、ローン残高より高く売却できるケースは極めてまれです。

売却金額でローンを完済できなければ、売却することを銀行が認めてくれませんので(抵当権をはずしてもらえないので)売却不可能です。

ローンの月々の返済が遅れるようなことがあっても、大きなダメージを受けることになります。

優遇金利で住宅ローンを借りた場合、一般的には2ヵ月返済が遅延すると「優遇」がなくなり、高い金利になります。

3ヵ月遅延すると、「競売」も考慮に入れた上で返済計画の見直しを迫られます。
わずか3ヶ月ですが、ここまでくると、もはや破綻状態です。
くれぐれも「返せるかどうか」を十分に考えてから、購入してください。

清水保険資産設計 http://www.sifp.ecnet.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

カテゴリ 「くらしの経済」のコラム