AIGエジソン生命とAIGスター生命 - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

AIGエジソン生命とAIGスター生命

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 生命保険
いよいよですね。金融危機から売却が検討れていた、AIGスター生命とAIGエジソン生命の最終入札が月内にも行われる見通しとなりました。新聞等に因ると最終入札は、アメリカのプルデンシャルとカナダのマニュライフの一騎打ちになる可能性が高いらしく、北米での金融界の主導権争いが激化しそうですね。以前のコラムでも書かせて頂いたのですがAIGは当初、昨年12月に1次入札を実施し、今回のプルデンシャルとマニュライフの他にも内外の複数の保険会社が関心を寄せいていましたが現在は2社に絞られている様子です。
ただ、新聞紙上でも言われていました様に、当初は売却価格が数千億円に達する見通しでしたが、昨年来の世界的な金融危機でAIGだけではなく、世界的に株価暴落し、経済対策等でも下落に歯止めがかからず、買収価格はかなり値切られた様子ですね。
具体的に今回、有力視されているプルデンシャルは、日本でプルデンシャル生命とジブラルタ生命の2つの生保会社を日本で展開しており、プルデンシャル生命の保険料等収入は08年3月末時点で約4600億円、ジブラルタは約6500億円で、もし今回、エジソン生命とスター生命の買収に成功すると、プルデンシャルの日本における保険料等収入は約1兆7800億円となり、住友生命に次ぐ業界5位にまで浮上します。
契約者の方々の為にも、アリコの問題も含め1日も早い売却をお願いしたいものですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)