会議の目的を明確にしていますか - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会議の目的を明確にしていますか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
プロジェクト管理
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は会議の目的についてのお話です。

会議を行う際にまず明確にすべきことは何でしょうか。
それは会議の目的ですよね。

当り前すぎる回答でびっくりされた方も多いかもしれませんね。
事前に会議に関する案内をメールなどで通知している場合には、リマインドの意味を込めて、会議の目的を改めて明確にした方がいいでしょう。
事前の会議の案内がないような場合には、まず会議の目的を明確にすることで、メンバーのスタート地点を揃えてあげるわけですよね。

しかし、実際に会議の目的を明確にせず、何となく会議を始めてしまうことが結構多いんです。
何となく会議を始めて、何となく議論を始めてしまうわけです。
会議の目的が明確になっていないので、このような場合には議論がかみ合わないまま無駄に時間が過ぎていくことになります。

日本人は昔から「あえて言葉に出さなくても分かるだろう」といったものを期待する文化がありますよね。
ある意味日本人の良い部分といえるのかもしれませんが、やはりビジネスの場では、あえて言葉に出すことを習慣化するようにした方がいいですね。

会議に参加する方々の時間という経営資源を無駄遣いしないためにも、会議の目的を明確にすることを徹底したいものです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「プロジェクト管理」のコラム

価値を生み出さない時間(2016/11/29 09:11)

成功は成功のもと(2015/02/16 10:02)

プロセス管理を守ること(2014/11/26 06:11)

時間感覚は重要(2014/10/29 11:10)