老後にむけた貯蓄方法。オススメは? - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

老後にむけた貯蓄方法。オススメは?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
老後資金
【 老後の貯蓄に関するご相談 】

こんにちは。

老後にむけた貯蓄方法について質問があります。
月に1万円、2万円程度ですが、少しづつ貯めたいと考えています。
今、36歳なのですが、老後の生活の足しになればと思います。

貯蓄する方法ですが、定期預金にするか、個人年金保険にするか
迷っています。投資はあまりやりたくありません・・。

金利の時代、賢い貯め方ではないかもしれませんが、
大きく増やすことよりも、老後の生活費になれば程度に考えています。

年金を受け取るまで30年弱あるので、
後悔する貯め方はしたくありません。
おすすめの貯蓄方法、知っておいた方が良いことなど
アドバイスをいただければ嬉しいです。

よろしくお願いします!


【 CFP伊藤のコメント 】

 投資はあまりやりたくありません、という前提でいうと選択肢がかなり絞られます。

 1)個人年金保険
  これはおすすめできません。
  今の低金利が確定され最後まで低金利のままです。
  変額個人年金もありますが、これは投資になります。

 2)積立定期預金
  無難ですが金利は0.3%ぐらいでしょう

 3)個人向け国債
  年に4回買うチャンスがあります。
  金利は1%前後になると思います。

 4)財形
  給与天引きで意思の弱い人におすすめ。
  利息の節税もあり。

 毎月1万円、2万円で投資はしたくないというと上記ぐらいですね。
 3または4が良いでしょうか。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!