国民一人当たり663万円!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民一人当たり663万円!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!


さて、財務省が2008年末における国債、借入金、政府短期証券の合計である、いわゆる「国の借金」の発表を行いました。

金額は、846兆6905億円です。

内訳は、国債が約682兆円、借入金が約56兆円、政府短期証券が約109兆円となっています。

過去最高だったのは、昨年3月末の849兆2396億円で、その後一時減少しましたが、第一次補正予算による国債の発行で、またまた借金は増加トレンドに転じています。


これを、国民一人当たりに換算すると、何と約663万円となります。


未成年者は勿論、働いている人でも、663万円を負担して、国の借金を消すことはそう簡単にできることではありません。

国のインフラ整備や景気対策として、国民の税金や借入金を使うことは当然必要なことではありますが、問題はその中身、そして使い方ですね。


まぁ、それにしても、返すあてのないこの膨大な「借金」を、国、そして政府は一体どのように処理するのでしょうか。。。

ましてやこんな中、“利息”のかからない政府紙幣の発行などという安直な話も出始めています。

政府紙幣の発行は、実質、国民の借金が増えることに変わりはなく、結果として「円」の価値を下げることにほかなりません。


いずれにしても、「将来展望の見えない無駄遣い」は、そろそろやめにしてもらいたいですね。


こんな日本の現状を目の当たりのしても、大半の日本人は、「円」だけを持ち続けています。


もちろん、米ドル、ユーロ、ポンドなどすべての通貨に不安材料はあります。


しかしながら、だからこそ、「通貨分散」しておく効果は、大きいと思うのですが。。。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム