【単独コラム】学校の学級委員 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【単独コラム】学校の学級委員

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
豊かさの感性を高める知恵
今朝、インターネットを見ていたら「某○○県の公立小学校で、学級委員制を一校で再開」という記事をみました。

この記事を見て「ええ〜、今の小学校では学級委員を造らないの?」とびっくりしました。

その理由としては「差別をしない」「優劣をつけない」などが挙げられていましたが、家造りをしている建築家としては、ある意味残念な話でした。

というのも、家造りの設計の打ち合わせを通じて思うのは「家族それぞれに才能があって、それは較べるものではなく、お互い尊重し合うもの」ということだからです。家族の中で子供を差別しないように、褒め合わないというのも気持ちが悪いように個人的に思います。

ですので、学級委員長をする人は「人をまとめて物事を進めるリーダーシップ」という才能を持っているので、逆に言うと、そういう才能の目をつぶしている、と言っても過言ではないでしょう。もちろん、縁の下の力持ち的な才能を持っている人は、別の形で才能を発揮するでしょうし、お互い違う才能を認め合う事を子供の頃にやらないと、大人になった時には、お互い嫉妬の嵐になりそうです。

また別の記事で「運動会で1位2位を決めない」というものを見ました。その理由は、競争意識を持たせない事ということです。

しかし、実際の世の中はまだまだ競争社会ですし、「健全な範囲の競争」は、人を磨き上げます。競争を知らないまま、大人になる子供たちは、社会に出てどうなるのでしょうか?個人的にはそちらの方を危惧します。

あなたはこの話をどう思いますか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「豊かさの感性を高める知恵」のコラム