全国転勤から進められる仕事の大きさ - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

竹間 克比佐
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

全国転勤から進められる仕事の大きさ

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
成長企業と経営
皆さんは、転勤に対してはどうしてもネガティブですか?最近思うところがあります。活気のある企業の中では、若い25歳〜35歳ぐらいの方を積極的に雇用推進して行こうとするのです。何故?と考えたのですが、一つには働く人生設計の一環としての考え方がそこにあるように感じ取れます。確かに、東京、大阪などの首都圏ではないので、ある意味「孤独」ある意味「先が見えない」かも知れませんが、''責任''と''遣り甲斐''を求める方にとっては非常に大きな仕事ではないかと思います。

景気の悪い時こそ、消費者は慎重に物を買います。その慎重な糸が切れてしまうところに安いがあります。「この価格帯がこのお値段・・・・」「欲しかったあのブランドがこの価格・・・・・」など消費者の心を動かすお仕事の強さを感じます。
転職は、勿論年収も大きいとは思います。しかし、将来の自分を探る事も転職には必要な要素だと思います。その将来に繋げる為にも自分を試す力が出せたら良いと思います。

外資系のブランドビジネスも、非常に苦戦をされておいでになるところもあると聞いています。その苦戦している企業にもきっと何かの糸口があるはずです。それも、アウトレット事業かも知れません。みなさんの転職でへの希望を全国に持つことも若い方々にはよいと思う昨今です。

転職を怖がらずに前向きに行きませんか?