IT部門の役割は決まっていますか - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT部門の役割は決まっていますか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はIT部門についてのお話です。

多くの企業が事業活動を進めていく上で、程度の差はあれ、ITは不可欠な存在になっています。
その結果、各企業はIT部門やIT担当者を設置していると思います。

企業の規模、業種、ITの活用度合いなどの条件によって、状況は千差万別でしょう。
IT部門が独立している企業、IT部門を兼任している企業、専門のIT担当者を置いている企業、IT担当者が兼任している企業。

状況が千差万別であっても、明確にしておきたい重要ポイントがあります。
それは、IT部門の役割です。
具体的に言うと、IT部門が何をするのかです。

IT部門がパソコンの面倒を見るのか、サーバーの運用管理をするのか、プロジェクトマネジメントをするのか、IT計画を立案するのか。

IT部門の役割が不明確なまま、何となく他部門からのクレーム対応やトラブル対応をしているようでは、メンバーのモチベーションは高まりません。

ITベンダーや自社の他部門との関係を踏まえて、IT部門の役割を明確にすべきです。
IT部門の役割を明確にした上で、IT部門にはプロフェッショナルとしての役割を全うしてもらう。
理想のIT部門に近づくためにも、まずはそこからスタートしたいものです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)