ブラッシングで美と健康 - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
東京都
歯科医師
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ブラッシングで美と健康

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯科の蘊蓄
 口の中を清潔にしながら健康を維持するには、毎日のホームケアが重要です。その一つがブラッシング(歯ブラシの方法)です。そこでこのブラッシングについてしっかり理解しておく必要があります。
 
 食事をした後そのままにしていると、口の中のミュータンス菌が糖分を分解してネバネバした物質を作ってしまいます。放っておくと、その物質は歯面にピッタリと付いてしまいます。これに他の細菌がついて歯垢(プラーク)となります。この歯垢が、虫歯や歯周病など歯の病気の原因となります。
 
 ブラッシングの大きな目的は、この歯垢を除去することです。一般的に、ブラッシングにはスクラッピング法、フォーンズ法、バス法などがあります。

 
 そのやり方は以下の通りです。

 
 ●スクラッピング法

 ブラシの毛先を歯面に90 度に当て、小刻みに数ミリメートルの範囲で加圧振動させながら、1 本ずつ移動させる。


 ●フォーンズ法

 ブラシの毛先を歯面に90 度に当て、連続して円を描くように動かす。唇側面は円を描き、舌側面では前後に動かす。

 
 ●バス法
 
 ブラシの毛先を歯面に対して45 度にし、毛先を歯頸部、歯肉溝に当てて、数ミリメートルの範囲で加圧振動させる。


 このように方法はいくつかありますが、あまり方法にこだわることなく、自分なりの磨き方を見つけることが大事です。それというのも人それぞれに歯の生え方も、大きさも違うからです。また、もう一つ重要なことは、自分では磨いているつもりでも、意外に磨き残しがあります。本人は気が付かない場合が多いのですが、力を入れ過ぎて歯や歯肉を傷つけていることもあります。このことからもわかるように“磨いている”と“磨けている”とでは全然違います。
 

 ブラッシングの基本は、歯ブラシを前後に小刻み動かし、1〜2本ずつ磨くのが良いようです。いたずらに歯ブラシを動かしても汚れは落ちません。歯ブラシはペンを持つ感じで、毛先を歯面や歯と歯肉の境目にきちんとあてることが大切です。歯と歯肉の健康を維持するにはブラッシングが不可欠です。まずは歯科医師や歯科衛生士から、ブラッシングについてしっかり説明を受けて下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師

インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

人々の豊かな生活を医療の視点から支援したいという理念を掲げ、都内7箇所に歯科医院を展開。インプラント治療と予防歯科に特化し、科学的根拠に基づいた歯科技術の提供はもちろん、「歯をキレイに、機能的にしたい」という方々の期待に最大限お応えします。

03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯科の蘊蓄」のコラム

〜歯を白くしたい!〜(2009/02/16 14:02)