和室をリビングと一体化 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和室をリビングと一体化

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ホワイトキューブ
せっかくの日本人なのだから、畳で寛げるスペースがほしい。

しかし、リビングの広さを削ってまで、和室を造りたくない。

そんな時は、リビングの一角を畳敷きに、リビングと一体化する。

建具も隠せるようにし、リビングに対し、全開出来る様にする。

日頃は、リビングとして利用し、建具で仕切ることで、たまの来客時の就寝室として利用もできる。

ホワイトキューブの和室は、建具の存在が一切感じられず、リビングに全開口!!!

建具が出てきて、びっくりされます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ホワイトキューブ」のコラム

和室をリビングと一体化(2013/06/02 17:06)

フラットバーの手摺(2013/05/31 17:05)

間接照明(2013/05/30 17:05)

ガラスの浴室ドア(2013/05/28 09:05)

畳コーナー(2013/05/27 08:05)