200年住宅の定義 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

200年住宅の定義

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
住宅を200年持たせるとなると、所有者の維持管理が重要になってきます。

20年×10回の点検・補修

単に長く住めるだけでなく快適に長く住めるようにするためには、構造躯体のスケルトンと''設備・内装のインフィル''に分けて考える必要があります。

長寿命住宅のイメージとして



スケルトン

・耐久性  


適切な維持管理の下で5-6世代にわたって使用可能(性能表示劣化対策等級3以上)

・耐震性


数百年に1回程度の極めて稀に発生する地震による力の1.5倍の力に対して、構造躯体が倒壊・崩壊しない程度(性能表示耐震等級3以上)

・点検・メンテナンス


20年ごとの点検とメンテナンス・記録・保存

インフィル

・居住性


20年ごとの更新(各部品による更新)



※住宅生産団体連合会「住宅の長寿命化(200年持たせる住宅)を実現させるための提言」より抜粋


これから住宅を建てられる方は、「家歴書」を作成されることをオススメいたします。

「家歴書」の発祥であるイギリスの項目を次回ご紹介いたします。(2/14予定)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)