環境ビジネス入門編その1 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社エコライフ研究所 代表取締役
埼玉県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

環境ビジネス入門編その1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
環境 ビジネス

環境サミット参加で開眼した 環境はビジネスの切り札だ!**



昨年の秋、ワシントンで開催された「Natural Product Expo East」
(健康や環境に配慮した商品の見本市的なものである)を取材し、その後ニューヨークにおける
オーガニックレストランの普及ぶりなどを再確認してきた。

 ここ数年にわたり,アメリカやヨーロッパを何度も訪れ,数々の取材をしてきた私のもっぱらの関心事は,環境や健康を考えた建築物や食品や日用品である。

 さて、日本はどうであろうか? 


 確かに、環境や健康に配慮した商品は年々増えているようだが、まだまだ市場とは
言えないほど少ないと感じている。

食品や美容関係の商品にせいぜい関心が集まる程度であろう。


こうしてウェルネスビジネスが21世紀の本命と断定しているのは、私個人としては理由がある。
それは、1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された「国連地球環境サミット」に
ジャーナリストとして参加し、世界中の大統領や首相はじめ環境大臣、環境担当官を取材して
数々の示唆を受けてきたことにある。


このサミットでスローガンとして採択されたものがご存知
「THINK GLOBALLY,ACT LOCALLY」

つまり、「地球規模でこの環境問題を総合的に考えなさい、ただし、実行する上では
地に足をつけて各国、各自治体、各企業で環境行動を行いなさい!」というメッセージであり、
このスローガンは特に異論はなく満場一致で採択された。


さて、このサミットで取り上げられた項目は多岐にわたっている。

大気保全、水資源の確保、生物の種の保存、バイオテクノロジー、
有害廃棄物、都市、農村の生活環境、人間の健康などであった。


これらを話し合い採択された21世紀に向けての行動計画が「アジェンダ21」であり、
いわば環境と開発及び生命を基軸にした世界共通の憲法(上位法)としての役割をもつものだ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 経営コンサルタント)
株式会社エコライフ研究所 代表取締役

環境配慮、環境貢献を軸にしたPR戦略のお手伝いをいたします

10数年間で、環境関係の取材・調査に莫大な費用を投資し情報を収集してきた、熱狂的環境ジャーナリスト兼環境ビジネスコンサルタント。テレビ、新聞、雑誌などの取材・執筆は160を超える、環境配慮・環境貢献におけるPR戦略のプロフェッショナルです。

カテゴリ 「環境」のコラム