世界経済見通し、悪化! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世界経済見通し、悪化!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

さて、28日国際通貨基金(IMF)が、世界経済の見通しを新たに発表しました。

2009年の実質成長率を、“0.5%”と下方修正しました。

これは、昨年11月に発表した数値から、何と1.7%も下げた予測となっています。

昨年末から年明けにかけて、世界的に金融機関の不良資産がさらに増加し、先行き不透明感が増しているとともに、実体経済への影響が顕在化しているのが、大きな要因といえます。


各国の経済見通しは以下の通りです。

日本   −2.6%
米国   −1.6%
ユーロ圏 −2.0%
英国   ー2.8%
中国    6.7%
インド   5.1%
ロシア  −0.7%
ブラジル  1.8%

世界    0.5%

などとなっています。


ここでのポイントとしては、


・日米欧の先進国は、揃って前回よりマイナス幅が増加している

・米国より、ユーロ圏、日本のほうが、下落率が高くなっている

・新興国の成長で、何とか世界経済は“プラス”でとどまっている

・BRICsの中でも、ロシアの回復には時間がかかる見通しである

・期待されていた中国も、前回の予測8.5%より“−1.8%”下げている


などが、挙げられます。


特に、ユーロと日本が、米国に依存している経済から、少しでも抜け出す方向性が見出せるかがポイントといえるでしょう。

そして、何といっても、中国やインドの“内需”も大きな鍵を握っているといえます。

さて、これからの「11か月間」がどう動いていくのか。。


これ以上の“下方修正”がないことを望むばかりですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム