犬のしつけー子犬がやってきた!その3− - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

中西 典子
DoggyLabo 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

犬のしつけー子犬がやってきた!その3−

- good

犬のしつけ
「甘噛みの問題」

子犬は甘噛みが得意で、大好きです。でも、気軽にやらないよう
教える必要があります。

不用意に子犬を触ると、甘噛みを教えてしまうことがあります。
甘噛みをやめさせる方法として、私の一番オススメは、

「とにかく、逃げる!」

です。やらない方が良さそうだなーと思うのは、
マズルをキャンというまで押さえる、ゲッとなるまで口に指、
拳をつっこむ、アゴの下を叩く、鼻ピンする です。
飼い主の手を警戒するようになる危険性があります。

それでも歯が当たってしまったら「痛いっ!」といって、
遊びを中断することが大事ですが、
そもそも、甘噛みをされるのは、今やっている遊びが
つまらないからです。
もっと楽しい遊びをしてやるように、がんばってください!

例えば、おやつを使って、オスワリなどのトレーニングを
してみてください。甘噛みするヒマはなくなるはずです。

とはいえ、まったく子犬に触らないのも問題です。
遊びではなくて、カドリングとして抱いたり、
身体のあちこちを触るときは、器にフードを入れて
一粒ずつ口に入れてあげながら、触り続けてみてください。
一食分使ったって、かまわないのです。
このとき、やさしいトーンで言葉をかけることを忘れずに!
名前や、かわいい〜(*^^*) とか、赤ちゃん言葉もOKです!

*カドリング =かわいがる様子で触ること