真っ白の床 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

真っ白の床

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
提案
床材を何にするのか?いつも迷う。

ローコストで行わなければならない場合、安いカラーフロアーを考えるが、ハッキリ言っていいものがない。

木質の床材を諦め、塩ビ系の長尺シートというものがある。

真っ白をセレクトし、真っ白なカッコイイ空間を演出することができる。

しかし、長尺シートは、3ミリ程度と薄いため、床下地の合板にパテ処理を行い、平らにするが、どんなに頑張っても、多少のボコボコ感が出てしまう。

スリッパで引きずる様に歩いてしまうと、黒い跡が付いてしまう。

などなど、欠点もある。

真っ白な床はカッコイイ!!!しかしそこに住むには勇気と心掛けが必要。

家族とじっくり相談してからがいいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「提案」のコラム

小粋なベントキャップ(2015/05/15 18:05)

ライティングレールの効果(2014/07/07 17:07)

LGSで下地組み(2014/06/25 08:06)

新しいプロジェクトです(2014/06/04 09:06)