65歳時での必要貯蓄額はいくら? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

65歳時での必要貯蓄額はいくら?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
老後資金
【 老後の資金に関するご相談 】

はじめまして。
いつもメルマガを楽しみに読ませていただいております。

今回、質問させていただきたいのは
「65歳時での必要貯蓄額」 についてです。

65歳時に3千万円との目安をお書きでしたが、
これは持ち家の場合ですよね?

65歳時に家を保有していなくて、
その後も借家住まいをする場合は、
3千万プラス家賃分と考えたほうがよろしいでしょうか。

よろしくお願いいたします。


【 CFP伊藤のコメント 】

 65歳時に3000万円が目安というのは、持ち家の場合です。
65歳時に家を保有していなくて、その後も借家住まいをする場合は、
3000万円にプラス家賃分と考えたほうがよいでしょう。

 仮に家賃が月10万円で、65歳から90歳まで家賃を払うとするとこうなります。

 10万円×12ヶ月×25年=3000万円

 よって65歳時に、3000万円+3000万円=6000万円、
なくてはならないということです。莫大な金額ですね。

 または、65歳時に3000万円貯めて、一生年収120万円の収入を確保するという
考え方もあります。
 倍の240万円であれば65歳から70歳ぐらいまで働ければOKです。