●母親の義務と責任【仕事と子育ての両立は?】 5. - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

鴫原 弘子
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

●母親の義務と責任【仕事と子育ての両立は?】 5.

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
★仕事と子育て。ハッピーキャリアのつくりかた!
こんにちはしぎはらです。

purple さん、コメントうれしく拝読させて頂ました。
 ありがとうございました。
【うしろめたさこれは、子を持ち仕事を持つ母の
永遠のテーマのような気がします。】
 そうなんですよね!私もそうでした。

ずっと心の奥にしまってきた、【うしろめたさ】と
ちゃんと向き合い、
「母としての自分・働く自分」について
真正面から真剣に向き合い、
子供に対して、何故働くのかをキチント説明できる事が
親として、社会人としての【愛と責任】なのだと思うのです。

何故なら、大人になった今も
両親との日々の暮らしの中で、
躾けられ、教えられてきた事柄は、
社会人として学ぶルールとは違った「人間力の大きな礎」となり、
その教えにこれまで幾度も助けられてきたからです。

生活の知恵を学び、礼節をわきまえ、
人としての基本的な躾を身につける事で、
子供達は、生きて行く為の底力を身につけ
人を思いやり、愛し愛される事や、
社会の暗黙のルールを学んで行くのではないでしょうか?

娘に急所をつかれた事で、人として1番大切な「親である事の責任」に、
気付かされたのだと思います。

長い人生の中で、子育が一日中親を必要とする時期は、
そう長くはないのだと思います。
私がそうだった様に、中学生になれば、
今よりずっと成長もする。
娘が私を必用をしている今、数年間仕事を止める事など、たいした問題ではない。
それよりも、今目の前にいる娘の涙を止める事が
何よりも最優先すべき事だと思ったのです。

そのためには、私と娘との関係の中に、
【ちゃんと愛されているという安心感・信頼の上に立つ強い絆】
を丁寧に築いていく事が必用だと思ったのです。


        ☆続きは6・をお楽しみに。