密集地住宅の工夫 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上 治彦
一級建築士事務所 村上建築設計室 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

密集地住宅の工夫

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
私たちの仕事 鉄骨造3階建て住宅
密集地で一番問題になるのが、
太陽の光をどう取り入れるかです。

この住宅の場合には、
生活の中心である2階に光を取り入れるために、
吹抜けを設けました。

そのときに問題になるのが、暖房の問題です。
折角部屋を暖めても、暖かい空気は上に逃げてしまいます。
そこで吹抜けに建具を設けました。
光を取り入れながら、空気を逃がさないものです。
吹抜けに水平の障子を取り付けることによってそれを可能にしています。

更に小さな住宅では、階段の部分も間仕切らないことで広さを確保するのですが、
そこにも障子が活躍しています。
光の取り入れと熱環境の確保で役立っています。

春・夏・秋には障子をはずし、建物全体でのつながりを確保し、
冬には光だけを取り入れ、熱は逃しません。

自宅でも障子は活躍しています。
ただひとつ問題が・・・
2歳の子供が障子で遊ぶことです。