好印象を与える話し方 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

好印象を与える話し方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
コミュニケーションを考える
21時30分を回った頃です。
事務所兼用の自宅の電話が鳴りました。

夜型社会になったとはいえ、この時間に電話があるとすると、
高齢の両親に・・・もしや? と、不安に思いながらも電話に出ると・・・

電話営業の方の売り込みでした。
先方の話をさえぎり、
「この時間にお電話いただく内容ではないかと思うのですが、いかがでしょう?」
と申し上げると、
「いやぁ、昼間、何度かけてもお出にならないので・・・」と、
どこまで言っても、自分目線の電話なのです。
「もちろん、わたくしが事業者と知ってお電話いただいているのなら、仕事で外に出ていることは
ご承知いただけるのではありませんか?」

これ以上、聴く気持ちを作ることができず、
「失礼してもよろしいですね?」と、押し切って、電話を切りました。

くしくも、午前中、利益につなげるコミュニケーション研修を行ったばかり。
今日のテーマは、「好印象を与える話し方」だったのです。

クッション言葉を使って、自分の気持ちを伝えることの大切さ。
身をもって知ることになるとは、思いませんでした。

「たいへん遅くに申し訳なく存じますが・・・」と、切り出されていれば・・・あるいは。

厳しい時代、営業の立場も理解はできますが、夜間の電話は、相手の目線でかけるようにすることの大切さ。
改めて知ることができる、貴重な体験でした。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「コミュニケーションを考える」のコラム

自己主張とは・・・(2014/06/25 13:06)