動的サイト・静的サイトそれぞれの売り - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

動的サイト・静的サイトそれぞれの売り

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ホームページを作ろう! cms(xoops,movabletype,wordpress)

動的サイト・静的サイトそれぞれの売り



環の小坂です。

最近の案件の傾向として
・CMS
・検索機能が豊富
・地図などとの連動
・ページ数の増加
などがあります。

そういった際によく話題になるのが、
「このサイトは動的に作るのがいいのか、静的に作るのがいいのか」

動的なサイトのメリット


DBなどのデータを読み込んで表示しますので、
1ページずつ作成する手間がありません。
同じようなフォーマットで大量のデータをページにしたい場合に向いています。

欠点はデータ量が膨大になったり、検索数が多いと、動作が重くなります。
このオールアバウトはそれっぽいですね。。。

データベース検索ですので、検索精度も高く、検索も容易です。

静的なサイト


ページを一つずつ作るので手間がかかります。
逆に閲覧する際は軽く表示されます。

全文検索は可能ですが、データベース検索に比べると精度は落ちます。

動的なメリットを持った静的サイト


最近多いのがこれ。
CMSで作る際に「静的なページを構築する」ものです。
しかもその際にデータをDBに登録する。

これはページ作成の手間を削減することと、
検索精度の向上を同時に図れますし、
ページを見るのも軽いです。

欠点としてページ数が多いとリンクなどを生成する再構築に膨大な時間がかかりますが、
夜中などにプログラムを回すことも可能です。

こういったご要望がある場合、是非お問い合わせください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ホームページを作ろう!」のコラム

ブログは必要か?(2009/02/05 20:02)

CMSは必要か?(2008/08/03 20:08)

CMSの使い方(2008/06/19 11:06)