ますます活発化するネットを活用した異業種参入 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ますます活発化するネットを活用した異業種参入

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はネットの活用についてのお話です。

大手商社の住友商事がネットスーパーに参入するようです。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090102AT1D250DU31122008.html

子会社の中堅スーパー「サミット」と連携してのサービス提供になるようですが、注目なのは、無店舗型のネットスーパーを大規模に運営するファーストケースになるということです。

今までのネットスーパーは、イトーヨーカ堂やイオンなど有店舗型が主流でしたが、当然の流れとして無店舗型の登場となりました。

私もネットスーパーの利用者ですが、利用者の立場からすると、店舗の有無は全く意識しないもの。
むしろネットに特化している無店舗型の方が、イメージアップにつながるかもしれません。

このようなネットスーパーの流れに代表されるように、ネットを活用することで、消費者の買い物に対する概念が大きく変わろうとしています。
それに伴い、これからもネットを活用した異業種参入がますます活発化することは間違いないでしょう。

当然、中堅・中小・ベンチャー企業にとっても無限のビジネスチャンスがあるわけです。
うまくネットを活用するビジネスモデルを構築することで、自社の経営資源の制約を乗り越えることが可能になります。

経営戦略という大きな視点でのネット活用を考えてみませんか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)