/とindex.htmlを同一にする:デフォルトページの設定 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

田村 雅
株式会社アイキューブドシステムズ 執行役員室長
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

/とindex.htmlを同一にする:デフォルトページの設定

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
Googleの活用 Google Analyticsによるアクセス解析

デフォルトページの設定


Analyticsの設定でまず行っておきたいことが、デフォルトページの設定です。

サイトの入り口となるURLはindex.htmlやindex.phpなどのファイルが多いかと思いますが、そういった初期に表示されるページに関してはドメインのみでのアクセスができるように普通設定されています。たとえば、 www.domain.co.jp というサイトだった場合、 http://www.domain.co.jp にアクセスすると、自動的に http://www.domain.co.jp/index.html のページが表示されます。

Google Analyticsでは、この同じページのアクセスが初期状態では別物として取り扱われます。
http://www.domain.co.jp が / として
http://www.domain.co.jp/index.html が index.html として
別集計される。

とくに入り口となるコンテンツになると、これらが別集計されると困る場合があります(あえて別集計する利点もあります。こちらは後述)。そのときに設定するのが、「デフォルトのページ」です。



設定方法



1. プロファイル画面の表示
「Analytics設定」のプロファイル画面(ログイン時の初期画面。左上のGoogle Analyticsロゴの下にある「Analytics設定」からいつでも飛べる)から、該当のプロファイルの一番右にある「操作」のカラムから「編集」を押します。

2. 一番上の「サイトプロファイル情報」右端にある「編集」を押します。

3. 編集画面にある「デフォルトページ」に該当のファイル名を記入し、「変更を保存」を押します。




別集計する意味


サイト内の内部リンク(トップに戻るなど)を「./」などとせず「index.html」などの指定したを場合、「外部からきた」場合と「内部からトップページに戻ってきた」をわけることができます。

ユーザーがサイトに訪れるとき、index.htmlまで入力する割合は少なく、また検索エンジンのサイトトップページへのリンクはドメイン名までとなります。そのため、若干の誤差は出るものの、純粋に外部からきた場合と、内部コンテンツからトップに戻ってきた場合にわけることができます。

コンテンツ量が多いところほど、別のコンテンツへ導くためにトップページにいったん戻らせたり、ユーザーが無意識的に戻って違うコンテンツを探したりします。このユーザーの初期動作と、二次動作以降を別物として分析するというものになります。

ただ、サイトにより向き・不向きがあり、分析をそこまで深くやらない場合はデフォルトページを設定したほうが一元化したデータとしてみたほうがよいかもしれません。